2009年08月23日

深いもの高いもの

ぼくの心は最も深い。
ぼくを見つめる目は最も高い。
でもぼくの心から見るぼくの目は宇宙で最も高い。
ぼくの目から見るぼくの心は宇宙で最も深い。

posted by こはる at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

男と女

理性に男も女もない。
だが確かに男と女はどこかで違う気がする。
こんな考え方はどうか。
叩かれて痛いと思う自分と、痛いと思う自分とはなんだと考える自分。
なんだと考えている方の自分には男も女もない。
痛いと思う自分には確かに男と女があるような気がする。
男は異性を謎だと思い、あるいはそう思いたい。
女は異性を分かりきったものだと思い、あるいはそのように思いたい。
男と女の違いはそんなところか。
posted by こはる at 05:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

観じ尽くす

およそアートと呼ばれるからには、そこにどんなに大きな心の呻吟が含まれていようとも、幾分かの洒脱が感じられるものだ。「観じ尽くす」とはそういところにありそうだ。

posted by こはる at 06:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。